髪が伸びると抜け毛が増える?!引きこもりで外出しづらい悩み

コロナ過になってからは、外出自粛による引きこもりが増えるようになりました。

気がつけばショートの髪がしばれるくらいのセミロング。

毎日の床掃除では、髪が目立つようになりました。

http://www.iabpe.com/

髪型がショートの頃は、さほど気にも留めていませんでしたが、伸びてくると加齢に伴い白髪が気になり、20代の頃と比べて髪の毛の艶やハリが無くなり、髪を結んでもワックスなどが無いとまとまりが付かなくなりました。

また、昔よりも結び目が気になるようにも変わりました。

結んでキツイ感じの違和感や、頭が痛くなってくるので、家では結んだりほどいたりとボッサボサになります。

「昔はまだ、髪の量が多くてストレートが楽チンな便利な髪で良かったんだけどな。」

伸びた髪を掃除しながら、「伸びたから目立って見えるだけだ」と自分を慰めていますがシャンプーの時に手にからまる何本もの髪を見ると、薄くなって来たことを認めざるを得ません。

美容室へ出かけて、店員さんとお喋りをしながら気分転換も兼ねてヘッドスパなどをして頭皮を見てもらったり、トリートメントでサラサラヘアにしてもらったり、自己解決できない悩みを聞いてほしいなと思います。

歳をとると、こんな悩みもあるんだなと日々解決策に悩む毎日です。

縮毛矯正と歩んできた日々

 私は極度のくせ毛です。http://www.weeatart.com/

 天然パーマ可愛い、羨ましい、などと褒めてもらえていたのは幼児期だけ。中学校にあがる頃には、ひたすら横に広がるボリュームたっぷりの髪をぎちぎちの三編みにして(前髪も作ったところでライオンのたてがみのようになるので作れずオデコ丸出しのまま)なんとか抑え込んでいました。

 髪型は印象の大部分を占める、と学んだのは中学校でです。外見を理由に笑われたり、嫌がらせをされるようにもなりました。

 中学校卒業の頃、縮毛矯正に出会いました。昔はいまほど技術がすすんでおらず、きつい匂いの薬を長時間塗布して、何時間もかけて一房ずつ髪を真っ直ぐにしていきます。お金もかかるしなにより六時間以上座りっぱなし。それでも、外見で笑われたくない、という強い思いで耐えていました。

 それからもう二十年以上がすぎました。いまでも縮毛矯正は手放せません。ひとまえに出られる容姿にするには、数ヶ月に一回はかけてもらわないといけない……というほどまでは思い詰めてはいませんが、やっぱりストレートの髪のほうが見た目もマシだしずっと楽です。

 いままでで費やした金額と時間を思うとゾッとしますが、かといって、縮毛矯正のない生活は考えられません。高校にあがってからは、少なくとも外見を無遠慮に笑われるようなことはなくなりました。

 私のくせ毛は、母親からの遺伝です。髪質だけではなく、顔から性格まですべてそっくり。

 去年うまれた我が子の髪は、重力に逆らってくりんくりんです。私もきっとそうだったのでしょう。でもそこもまた可愛くてたまらないです。私は散々悩んだけれど、息子にはそれも個性だよ、あなたはとっても可愛いよ、と伝えていきたいと思っています。

髪がパサパサしてハリがない

40代になって急に髪質が変わってきました。http://maryastarkmusic.com/

以前は髪が太くハリがあったのですが、40代になり細くパサついてきました。

細くなることによってボリュームがなくなり、パサついているので髪が絡まりやすく、指通りが悪く、毎日髪を整えるのに一苦労しています。

最近は美容院に行った時に、頭皮マッサージのやり方や、ドライヤーのかけ方を美容師さんに聞いて実践しています。

頭皮マッサージやドライヤーのかけ方によって指通りは多少改善されますが、1日中ずっと調子が良いわけではなく、夕方になるにつれてまたパサついてきます。

美容師さんから髪のオイルや、洗い流さないトリートメントを使ってみてもいいと言われ、いろいろ試してみています。

私の場合は洗い流さないトリートメントが一番調子がよく、今は毎日朝とお風呂後に使用しています。

頭皮マッサージや、ドライヤー、洗い流さないトリートメントなど、外からの見た目の対処はしていますが、結局のところ本来のパサつく髪質は実は何も変わっていません。

実際に太く、ハリがある髪を取り戻すにはどうしたらよいのでしょうか?

見た目ももちろん大事ですが、根本的にハリやコシ、ボリュームのある髪質に改善できる方法はあるのでしょうか?

20代男性のくせ毛の悩み

髪は男の命!…とまでは言わなくても外見の印象を左右する重要な要素であることは間違いありません。ノアルフレシャンプーの口コミ&レビュー!購入して使ってみた私の感想!

私は現在、都内でサラリーマンをやっている20代男性ですが、ビジネスの場においてもプライベートにおいても髪型には気を使っています。

そんな私の大敵がくせ毛と髪の毛の多さです。

くせ毛は厄介なもので湿気の多い日には前髪が渦を巻くようにくるくるうねり、ジェルやワックスをつけてもそれに逆らうようにうねるので大切なビジネスの商談の前などにはいちいち鏡で髪型を念入りに確認する必要があります。

前髪をなくす、縮毛矯正をかけるなどの解決策もありますが、前髪がないのはビジネスヘアスタイルには合わないし、縮毛矯正をかけると髪を流すことが出来ません。

毛量の多さも私にとって厄介です。

通常、男性であれば散髪は多くても1カ月に1回程度でしょう。しかし、髪の毛が伸びるスピードが尋常ではないくらい早いので1カ月も放置していると髪が爆発したようになってしまうのです。そうなると朝のヘアセットには多大な時間がかかります。仕方ないので2~3週間に一度は散髪に行くのですが、散髪代は3000円程度。これが月に二度あれば6000円の出費です。私の毛量の多さに関して周囲からは「将来禿げ頭になるよりましでしょ」と言われますが、不経済性を考えると私には禿げ頭になったほうがましのようにも思えてしまいます。

「天使の輪っかをもう一度手に入れたい!」

高校卒業後、今まで制限されていた髪へのおしゃれをついに決行、18才の春。ノ・アルフレ

それまで通っていた美容院で「前髪はこのくらいで、サイドは刈ってください。」としか言ったことはありませんでしたが、「明るい色にしたいです!」を言うことができました。

ヘアカラーデビュー。今まで経験したことのない美容院での長時間の戦い、仕上がりを楽しみに耐えること2時間。

シャンプーが終わり、黒髪とさよならした自分に「もっと遊びたい!これからもヘアアレンジを楽しみたい!」と感じました。

大学に入り月1で自宅でカラー、飽きた時には黒髪に戻して、数ヶ月後にはブリーチ。「男は髪の毛を切るから少々痛んでも大丈夫」その言葉を信じ、4年間で数え切れないほどブリーチとカラーを繰り返しました。

就職も髪色自由の自由な会社に就職し、「もういい歳なんだから」と言う言葉を聞きもせずヘアカラーを楽しんだ結果、髪は強烈なダメージを受けバシバシ、ブリーチを繰り返した髪はゴムにように伸びる始末。
へカラーは楽しんでもケアを徹底しないとダメだと感じました。

洗い流すトリートメント、洗い流さないトリートメント、ヘアパック・オイル・ミルク、いいと言われるものはなんでも試しました。

長続きしない性格もありますが、自分に合うぴったりのヘアケアとはなんなのでしょう。

ヘアケアのプロのかたに徹底してヘアケアを見つけてほしいものです。

私の髪の毛の悩みは前髪がぱさぱさになってしまうことです。

私は髪の毛がとてもぱさぱさになってしまっていることがとてもつらいです。

評判通り?ノ・アルフレの本音の口コミを徹底レポートします!

今、どんなシャンプーやリンスを使っても、もう元に戻らないのかなということが不安に感じています。美容院に行くこともそこまで多くはできませんし、そこまでお金がまだないので、たくさん美容院に通うということはできません。

なので私はとてもつらい思いをしています。今の状態を改善していくためにはしっかりと今の状態をよくしていくことが必要ですが、なかなか思い通りにいくことがありません。それに髪の毛の悩みは深刻で、もう毎日毎日鏡を見ることが苦痛でもあります。

どうしたらいいものか、いっそのこと桂にすればいいのかということも感じますが、やっぱりそれではいけないんだなということを感じます。私はこの先ももっともっといろいろなことをしていかなければならないので頑張っていく必要がありそうです。

もう少し今の状態をよくしていこうと思ってこれから先も頑張っていこうと思っています。なかなか何をどうすればいいのかということが難しいですがとにかくやっていくしかなさそうです。何となく、どうして行ったらいいのかということが頭に浮かぶので、まずは自分のことをいたわることから始めようと思います。

誰でも艶髪になれる!日常ケア方法

髪が艶々な人ってやっぱり素敵ですよね♪

カラーや年齢からくる髪のダメージでお悩みの方に

おすすめの日常ケアをお伝えします。

評判通り?ノ・アルフレの本音の口コミを徹底レポートします!

髪の毛は、主に日常で使うドライヤーやコテなどの熱でダメージをうけます。

なので、ドライヤーはできるだけ短時間で乾くものや、

髪に優しいものを選ぶほうが良いです。

コテやストレートアイロンは温度調節が細かくできるものが良く、髪の毛を引っ張ったり、何度も通さないといけないようなものではなく、程よく髪の毛を挟んでくれるものを選ぶのがおすすめです。

それでも髪の毛に全く熱を通さずに過ごすことはできないので

ここからは艶髪になるための日常ケアを紹介していきたいと思います。

<お風呂>

シャンプーをしたらコンディショナーやトリートメントを毛先につけます。

その時に、お風呂場でも使用できるプラスチックのくしなどを使ってなじませます。

そうすることで髪の毛一本一本に浸透しやすくなります、そしてそのまま体を洗うなどをしてる間に5分ほど放置させます。

週に一回はヘアパックをするのもおすすめです。

<ブロー>

タオルドライした後にヘアオイルやヘアミルクなどを毛先に揉みこみます。

ドライヤーで髪を乾かす時にもくしを使用すると、驚くほど仕上がりが変わります。

くしでとかしながら乾かすことで、一本一本に空間ができ、熱が伝わりやすくなるので、まとまりながら早く乾かすことができます。

<出かけるとき>

外出する時にもヘアオイルやヘアミルクを付けると効果的です。

ワックスなどもオイル入りのものを選ぶとより艶髪になります。

夏場など、日差しが強い時にはヘア用のUVスプレーを使用するとダメージ予防にもなりますし、

カラーの持ちも良くなります。

以上のことを日頃からしていたら、

髪の毛綺麗だねと褒められるようになりました。

ぜひ、お試しください♪