思春期からのお付き合い

私は、中学生の頃からにきびに悩まされてきました。

効果あり?アスハダの口コミ評価や一番お得な通販サイト情報を暴露します!

中学校ではバレーボール部に入り、毎日汗だくになりながら練習していました。にきびが気になりつつも、同級生達もにきびが出来ている子が多かったので、そんなにひどく悩んではいませんでした。

しかし、高校生になり、メイクに興味を持ち始めたり恋愛をすることで、自分を鏡で見る機会が増えました。

好きな男の子も出来、可愛く見られたいと思い始めました。にきびが鬱陶しく感じるようになりました。

髪が顔にかからないようにする、皮膚科に通院、食事に気をつける、自分に合う洗顔フォームを探すなど色々とやってはみたものの、治っては出来、治っては出来、と繰り返すにきびにうんざりでした。

思春期のせいかな、大人になれば肌質も変わるかなと淡い期待を抱いていましたが、20代、30代になっても変わりませんでした。デートや久しぶりの友人と会う日、結婚式など、特別な日に限って狙ったかのように一段と大きなにきびが出来るのです。

眉と眉の間や鼻の頭に出来たときは、コンシーラーなどを使っても隠しきれず、恥ずかしくて人と会うのがとても憂鬱でした。

約束をキャンセルしたいくらい嫌でした。

ところが、妊娠した途端、なぜかにきびが全く出来なくなったのです。妊娠中ににきびが出来やすくなると言う話を耳にしたことがありますが、私は逆でした。とても不思議でした。

にきびから解放される喜びを初めて感じることが出来ました。

生まれ変わったような気分でした。

産後、にきびのことなどすっかり忘れていた頃です。

またポツポツと顔を出し始めました。やっぱり私の肌は変わっていなかったのです。ショックでした。

30代半ばになり、にきびに悩む友人が周りにいません。悩みを共有できず現在もひとりで悩んでいます。

加えて、シミやクマも出来、肌トラブルが増えてしまいました。

紫外線の強い地域に住んでいること。子どもと長時間外で過ごしていること。寝不足な日々が続いていること。加齢により、にきび跡が消えにくくなってきたこと。思い当たる節は多々あります。

食生活、ストレス、運動などできる限り気をつけてはいるけれど、追いついていないのが現状。

試してみたいスキンケア用品、行ってみたいエステもたくさんあります。SNSで美容ばかり調べてます。

子どもに可愛いお母さんって思われたい。

まだまだ諦めずに、これからも私は私の肌と向き合っていきます。