美味しいだけじゃない。ブドウの力ここにあり!!

私の友達の中には「果物大国 山梨県」に住んでいる友達もいます。なので、毎年、沢山の果物を頂きます。その中には、ブドウもあります。

葡萄には食べると色んな効果があります。http://www.naniwabook.info/

1つ目は、ブドウにはポリフェノールが沢山含まれているので、動脈硬化予防や視力回復や活性酸素の有害物質を無害に変える効果、血圧の抑制、肝機能に良い効果が期待できます。そして、最近発表された事はポリフェノールの中のレスベラトロールと言う成分に食物アレルギーの発症を抑える効果があると分かりました。

2つ目は、ブドウにはブドウ糖が含まれていて、ブドウ糖には疲労回復の効果があります。ブドウ糖は体に吸収しやすい成分なので食べて直ぐに疲労回復が見込めます。なので、疲れた時はブドウを食べて疲労回復しましょう。

3つ目は、ブドウにはビタミンが豊富に含まれています。特にビタミンCやビタミンB群が多く含まれています。ビタミンCは、風邪など病気をした時に治すために抵抗力を持つ効果があります。その他にも、血管や歯、軟骨を正常に保ってくれる効果や日焼けを防ぐ作用があります。

ビタミンB群は、体の代謝をスムーズにしてくれる効果があります。

4つ目は、ミネラルです。ミネラルには、カリウム・カルシウム、マグネシウム、リンが入っています。肌にはミネラルが良いとよく聞きますが、肌だけではなく体にも効果があります。骨や歯の形成を助けてくれたり、各細胞の動きをスムーズにしてくれる効果があります。

5つ目は、有機酸です。ブドウには酒石酸とリンゴ酸が豊富に入っています。

酒石酸は、善玉菌を増やして腸を健康に保ってくれる効果があります。

リンゴ酸は、腸内環境が整い、老化防止、脂質代謝改善の効果があります。

6つ目は、ペクチンです。このペクチンは食物繊維です。なので、便秘に良いです。ペクチンは便秘だけではなく、悪玉コレステロールを減らせる効果もあります。

ブドウはこんなにも体に良い事が分かります。しかし、皆さんはブドウをどうやって食べていますか?実は、皮を剥いて食べたり、種を取って食べてしまうと栄養や効果が半減されてしまうのです。ブドウの皮は、1つ目のポルフェノールが沢山含まれています。

ブドウの種には、リノール酸やオレイン酸が含まれていて悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

なので、皮も種も食べる事をオススメします。